女性を食事に誘うためには?

女性を食事に誘うためには?

女性に食事の誘いを断らせないようにするには!?

気おくれする方もいるかもしれませんが、デートではないので改まることはありません。

 

あくまで“軽い感じ”で話をしましょう。

 

いくつか具体例を挙げてみますので、参考にしてみてくださいね。

 

興味の沸く話や食べ物で相手を釣る

まず女の子が食べたいと思うかを意識してください。

 

甘いものは話題としては鉄板でしょう。そうでなければコーヒー等と色々と変えてみてください。

 

たまには話そうと誘う

普通の友達という関係であれば、切り出す話題としては問題ありませんし、さりげなく話を振ることもできるはず。

 

女の子は話好きなもの、お茶を飲む程度ならつきあってくれるでしょう。

 

なにかの用事で“ついでだから寄っていこう”と誘う

“ついでだから”という緩衝剤を話にはさむことで、話の印象を軽くします。

 

用事の帰りでできた“ついで”の誘い、断るのはちょっと悪いかな…という相手の心理を利用します。

 

相手になにか相談をする

そこでお茶を飲みながらと誘います。

 

話題は何でも、嘘だろうと結構です。あくまでも軽い感じでお願いしてみましょう。

 

さて、ここからが本題。
誘ったはいいが、何を話すべきなのか?

 

学校の話といった当たり障りのない話だと、どうしても仲が深まりません。

 

ここで恋バナ、恋愛トークを持ち出してみましょう。
先にも申しましたが、女の子は話が好きです、この手の話ならより盛り上がるでしょう。

 

好きなタイプ、理想のデートコース、等々…もし恋愛観が互いに近いものであると、相手があなたを意識することもあります。

 

 

行きたいデートか…、お台場とかどう?
いいね!行きたいなー
実は俺もなんだよー、じゃあ今度行かない?

 

 

大分極端な話ですが、このように流れで誘ってみるとうまくいくことが多いです。

 

そのためには相手に合わせ、できる限り盛り上げましょう。

 

 

>>より詳しい女性との会話・メールテクニックはコチラ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ